借家の名義変更

住まいとして利用している借家の、名義変更を希望したり、そちらの手続きが必要となったりしている人も見受けられます。
そういった事例に、契約者の死亡、同居人との離婚・別居などがあります。

そのように、賃貸住宅の契約者名義を変更するには、どのような経緯で契約者がいなくなり、なぜ名義変更をするのかを管理者へと伝え、相談した上で定められた手続きを踏まなければなりません。
この手続きをする上では、所定の手数料が徴収される場合もありますから、気をつける必要があります。

こちらの手続きをする際に、掛かるエネルギーや時間、コストを節約するためには、充分な経済力を有する人を、新しい契約者とすることをおすすめします。
そうすれば、家賃の支払い能力には何ら問題が無いとみなされ、事前審査に合格する可能性が高まります。
一方、設定された賃料を支払うだけの能力がないと判断された場合、新たな審査に通過して、名義変更を行なうことは難しくなります。

そして、この手続きをする上では、連帯保証人の設定も注意を払うべき問題となります。
契約者が変更になっても、今まで通りに連帯保証人となってもらえるかどうか、該当する人物に確認しなければなりません。
また、保証会社を利用して契約を結んでいた場合には、契約したい人が、新たに審査を受けなくてはいけません。

このカテゴリーでは、借家の名義変更というテーマを採り上げ、詳しく解説しますので、お付き合い願います。